本日の酒蔵店長

酒井酒造 酒井秀希さん

錦川の伏流水に恵まれた山口県岩国市で1871年(明治4)年に創業した酒井酒造の代表取締役酒井秀希さん。代表銘柄の「五橋」は、日本三名橋の一つの「錦帯橋」に由来します。

「山口の地酒」であるために、地元のお米、水、人にこだわりお酒造りをしていて、奇をてらわず、手を抜かず、基本に忠実に、伝統の味を守り続けいています。

◆酒井酒造についてもっと知りたい!というあなたはこちらもチェック!

Event Report!

おすすめの日本酒教えて!

山口県産100%の酒米やこの土地自慢の軟水はもちろん、蔵人も全員ご当地の出身の“オール山口”のお酒を3種類ラインアップ!

NOTEN 生酛純米酒

自社で栽培した米を原料に、木桶仕込み生酛造りで醸した純米酒。穏やかな香りと、スッキリとした酸味が口に広がります。

五橋 FIVE(ファイブ)レッド 純米大辛口

すべて木桶仕込みで生酛造りのFIVEシリーズ。中でもレッドは火入れしているお酒で飲み飽きしない定番の辛口酒。

「今日のような寒い日は、ぜひお燗で飲んでいただくと美味しいです」と酒井さん。

純米吟醸 西都の雫

山口県オリジナルの酒米「西都の雫」100%。上品な香り、フレッシュで力強くキレよい純米吟醸酒です。

お酒造りのこと教えて!

2015年に農業法人「五橋農纏(ごきょうのうてん)」を立ち上げ、将来的にはすべての米を自社で栽培し、その米で酒を造ることを目指しているとのこと。

今年のお酒についてに尋ねると、「今年の田んぼは、先日の台風の影響で酒米の稲が倒れてしまい等級が落ちる可能性があるけど、こればっかりは自然相手なので仕方がない」と、笑顔で話す酒井さん。

「まだコロナ禍ではありますが、ひとりでも多くの方にこちらに来ていただき、実際にお会いして、酒を飲みながらお話しできればと思っています」

本日の店長も酒井さん。酒井さんの熱いトークを聞きに、お友達や家族、彼氏や彼女を誘ってお出かけください。

「酒井酒造」の日本酒をご自宅でも楽しもう!

「農!と言える酒蔵の会」の22蔵の日本酒が組み合わせで購入できる特設オンラインショップがオープン。酒井酒造のお酒がオンラインで購入できる貴重な機会です。イベント開催中の期間限定だからお見逃しなく!

酒井酒造株式会社(山口県) | 「農!と言える酒蔵の会」 (shop-nou.com)

次回の酒蔵店長

次回の酒蔵店長は、大和川酒造。事前に酒蔵インタビューを読んでおくと「Bar農!」をさらに楽しめますよ。10月25日(火)・10月26日(水)15:00~22:00(21:30LO)。蔵元さんにぜひ会いに来てくださいね!