日本酒を飲んで田んぼを守ろう!

いよいよ明日、Pop-up日本酒Bar『Bar農!Farming & Brewing 2022』が開店します!『Bar農!』のテーマは、「農」と「醸」と「サステナブル」。

「日本酒とサステナブル?」と不思議に思った方もいるはず。実は、日本酒を飲むことが環境を守ることにもつながるんです!

 

酒造りは「サステナブル」の先駆け

酒蔵の中には、100年を超える歴史を持つ酒蔵も多く、自然と人が共存しながら地域とともに育まれてきた日本酒は、サステナブルという概念が生まれる前から、サステナブルを実践してきている日本が誇るべきカルチャー。

さらに、日本酒を飲むことは、日本酒の原料であるお米を作る田んぼを守ることにもつながり、耕作放棄地や休耕田を減らし、美しい日本の里山を守ることにも。

 

米づくりと酒造りをする22の酒蔵が登場!

9月16日からスタートする『Bar農!』は、米づくりから酒造りまでを一貫して行う22の酒蔵が集う「農!と言える酒蔵の会」のメンバー自らが店頭に立ち、日本酒の魅力を伝える期間限定のPOP UP 日本酒Bar。

全44日間のイベントに参加して、サステナブルな日本酒に触れてみませんか?

◆『Bar農!』の詳細&酒蔵店長スケジュールはこちらからご確認ください